奈良県 橿原市で美容治療なら、ながやま皮膚科へ

0744-47-4871 0744-47-4871

お電話受付時間(診療時間)

平日
9:00~12:00/16:00~19:00
木曜・土曜
9:00~12:00(日・祝 休診)

アクセス

MENU MENU

  肝斑
肝斑

肝斑

20歳代後半以降の女性に多くみられ、両頬や額、口囲に左右対称に現れるシミです。比較的色が薄く、境界が明瞭なのが特徴です。

原因は様々で、妊娠に伴って出現するものや婦人科疾患などホルモンバランスの変化、精神的なストレスや生活習慣、こすり刺激なども大きく影響しているといわれます。丁寧なスキンケアが必要です。

肝斑の治療法

  1. スキンケア
    肝斑は慢性の炎症が顔で起こっているとも言われており、毎日のホームケアが大切になります。メイクの仕方、メイク落とし、洗顔、タオルで拭く、化粧水や乳液の付け方など、どれもやさしく丁寧に行うことが大切です。
  2. イオン導入
    イオン導入は、微弱な電気の力を利用し、皮膚の深部まで「しみ」「肝斑」「ニキビ」などの改善に有効な成分を浸透させる治療法です。