奈良県 橿原市で美容治療なら、ながやま皮膚科へ

0744-47-4871 0744-47-4871

お電話受付時間(診療時間)

平日
9:00~12:00/16:00~19:00
木曜・土曜
9:00~12:00(日・祝 休診)

アクセス

MENU MENU

  にきび(ニキビ)
にきび(ニキビ)

にきびとは

にきびは主に思春期以降に見られ、誰にでもできるありふれた症状であるため、あまり気にされない方や市販の化粧品等で対処している方が多いです。

中には、にきびが原因で人前に出ることをためらうような深刻な悩みを持つ方もいます。

にきびは適切な治療を行わなければにきび痕が残ってしまうことがあり、新たな悩みとなってしまうこともあります。

にきび治療では、にきびを治しながら、にきびが出来にくい皮膚を作ることが大切です。

にきびの原因

年齢やストレス、ホルモンバランスなど、何らかの要因により皮脂が過剰に分泌され、毛穴がつまることで起こります。この状態がいわゆる白ニキビです。

このような状態になると、にきび菌が皮脂を栄養源として繁殖し、赤く炎症を起こした炎症性ざ瘡・いわゆる赤ニキビが発生します。

治療方法

保険で診療できる範囲内の治療では、なかなかにきびが改善しない方やにきび跡が気になる方の場合、イオン導入、フォトフェイシャルなどの自費診療を行う場合があります。

イオン導入

イオン導入は、微弱な電気の力を利用し、ビタミンCをはじめとした有効成分を皮膚の内部に浸透させる治療法です。

ビタミンCは、皮脂の過剰分泌を抑える作用があり、皮膚に浸透させることで毛穴の詰まりを起こしにくくします。その結果、ニキビが悪くなるのを少しでも減らす効果が見られ、また美白効果も期待できます。

また、ビタミンCはコラーゲンの合成促進作用によって、ニキビ跡を改善する効果もあるとされています。

フォトフェイシャル

ニキビ痕や赤ら顔に対してフォトフェイシャルを行います。フォトフェイシャルはお顔全体に光を当て、皮膚のターンオーバーを促進させニキビ跡や赤ら顔を目立たなくさせる治療法です。

フォトフェイシャルの光は、通常のレーザーと異なり、ピンポイントで光を当てることがないため、素肌を傷つけることなく治療が可能です。また、施術後すぐに洗顔やメイクができるということもあり、ダウンタイムがない治療法です。

診察・施術の流れ

①受付

受付で問診票のご記入をお願いいたします。

②診察

患者さんの症状を診察し、にきびの状態、治療方針を説明させていただき、必要なお薬を処方いたします。また、美容皮膚科の治療ケアをご希望の方には、施術をご提案させていただきます。

③スタッフによる説明

より的確な治療を受けていただくために、スタッフが外用剤の塗り方、施術内容、料金などを説明をさせていただきます。

ご不明な点や、ご心配な点があれば、何でもご相談ください。

また、施術のご希望があれば承諾書をお渡しいたします。承諾書をお読みいただき、疑問や、ご不安がなければ、ご署名いただきます。後日の施術であればご予約下さい。

承諾書はお持ち帰りいただき、施術当日にご持参ください。

④施術

顔の治療の時はパウダールームでお化粧をおとしていただきます。

専門のスタッフが施術させていただきます。

⑤施術後

施術の終了後、ご希望に応じて、パウダールームでスキンケアをしていただけます。

⑥お会計・次回ご予約

次回のご予約を承ります。治療効果を高めるために定期的な治療をおすすめします。

⑦ご自宅での治療

効果を確実に高めるためにも、内服、外用、スキンケアを確実に行っていただけるようにお願いします。

よくあるご質問

Q. 治るのにどれくらいの時間がかかりますか

A.
治療開始から効果が現れるまで1〜3ヶ月程度かかります。治療は長期に必要ですので、根気強く続けてもらい、定期的に通院してください。

Q. 思春期になってにきびができやすくなるのはなぜですか

A.
思春期ににきびができやすいのは、ホルモンの関係で皮脂腺の活動が活発になり、角質が厚くなり、毛穴がつまりやすくなってしまうためです。

Q. にきびの治療で自分で気をつけていくことはありますか

A.
不規則な食生活、紫外線、たばこ、ストレスは避けていただくようにお願いします。

  1. 不規則な食生活
    糖質、炭水化物を多く摂取すると、毛穴の脂質の分解が妨げられ、にきびができやすくなります。バランス良く摂取するのが大切です。
  2. 紫外線
    ②紫外線
    アクネ菌は皮脂を栄養にして増殖し、ポルフィリンという物質を排出します。そのポルフィリンに紫外線が当たると、活性酸素が発生するため、さらに炎症が悪化し、色素沈着をきたします。
  3. たばこ
    ③タバコ
    タバコはビタミンCを大量に消費してしまうため、皮膚はくすんだ感じになり、皮膚の殺菌効果も弱まり、にきびが悪化します。
  4. ストレス
    ①ストレス
    ストレスは男性ホルモンの分泌を増やし、刺激された皮脂腺は皮脂の分泌を増やします。